其は死を食む食む

【心象と言動】
「本当何にも無い名所ですね」
射撃を主とする敵相手に場所が遮蔽物も無い平地であることに不安というか嫌な予感がしてならない。
気を引き締めつつも
「今日は槍でも降ってきそうな天気ですね」
と苦笑い。

【戦闘】
陣形はメンバーのプレ参照。
「お手柔らかにたのみます」
自縛霊に物怖じはしませんが、格の違いはわかります。
(慎重にいかないとやられるなぁ)
なんて思いながら自縛霊が行動をとった後に鎖剣にて攻撃し接近します。
「速いな~、少しは容赦してくださいよ」
接近したら宝剣を抜き、鎖剣を投げつつ戦います。
「接近されるのは得意じゃないでしょう?」
矢を放つ前に弓を掴んで武器持った手で殴ったりします。
「この弓は使わせませんよ」
出来るだけ敵の位置が固まってる時に土蜘蛛禁縛陣奥義。
「はい、しばらくそのままでお待ちください」
体力が半分以下になったらライカンスロープで回復。
封術の場合は一旦下がって回復してもらいます。
「いてて、危なかった~」
妖獣にも気をつけますが、こちらも自縛霊の攻撃(流れ弾等)がメンバーの方に当たらないよう声をかけます。
「そっち飛んだ!危ない!」
妖獣との戦闘では強化しつつ戦闘。
「あなたはここにいるべきじゃない」

【後話】
ぐったり座り込み。
「疲れた、本当もう動けない」
気の無い笑いにため息がもれる。
満身創痍。
「でもこれで誰かを守れたんですよね」


【雑事】
戦闘後に弓でも落っこってたら拾って持ち帰りたいです。

純戦闘は得意じゃありません。
もっと策をこうじてみたいです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

真木真由と朱いのと梔子の花

Author:真木真由と朱いのと梔子の花
梔子「初めまして先代!梔子といいます!」
真由「・・・え、真木って真朱で・・・?」
真朱「たしか多比・・・」
梔子「そ、そこからは言わないで!」
真朱「また難儀な子だこと・・・」
真由「・・・ま、まあ・・賑やかで・・・いいと思いますよ・・・・・?」
真由は黄色、誕生石と花 トパーズ、バンクシア
真朱は朱色、誕生石と花 サードニクス、彼岸花
梔子は梔子色、誕生石と花 瑪瑙、梔子

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード