スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豪雨の戦場で真紅の獣が疾駆する【リプレイ】

久々更新。
何となく「黙示録」っぽい波多野GMのシナリオリプレイです。


「まるで黙示録の終末の獣そのものですね、その顛末は『炎と硫黄の池に落とされる』でしたか」
私は宗派が違いますし、そんなもの信じちゃいませんが。
みんなで手にした平穏を邪魔するならば容赦しない。
「ここから先には行かせない。今ここで伝承を終わらせる!」

【戦闘】
私は前衛にて戦闘。
二手に分かれて戦い、敵が後衛に行かぬ様に鎖剣を駆使して攻撃。
最初と封術で無いときで傷付いた際にライカンスロープ改で回復。
「喧嘩した相手が悪かったって思わせてあげる!」
「この身に宿るオオカミの血が、精霊が私を護る。まだ倒れるわけにはいかない!」

封術でない際、連携などで紅蓮撃奥義で攻撃。
「どんなものでも炎で浄化できないものはない、燃えろ!」
「これはおあつらえ向きでしょう。あなたの終わりには」

封術でない際で、敵の滅びの魔性なんかで隙あらば。土蜘蛛禁縛陣奥義で動きを封じます。
「いま一度封じられよ!」
「鎖で駄目ならこれで、ここから動くな!」

撤退は4人以上重傷なら。

怪我した人がいたら手を貸し、自分が怪我していたら助けを借りて。
「伝承の様に街や村に被害がなくてよかった」
と、あれが山に降りて起こる被害が未然に防げて安堵する。
「あの物語では確か666の獣も出るんですよね。海から」
思慮のある者は、獣の数字を解くがよい。その数字とは、人間をさすものである。そして、その数字は666である。
そんなことを思い出し。「・・・まさかね」と呟く。

(;´д`) ネロさん来ちゃうんか?
と不安になりながら終わろうと。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【豪雨の戦場で真紅の獣】

久々更新。何となく「黙示録」っぽい波多野GMのシナリオリプレイです。「まるで黙示録の終末の獣そのもの

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

真木真由と朱いのと梔子の花

Author:真木真由と朱いのと梔子の花
梔子「初めまして先代!梔子といいます!」
真由「・・・え、真木って真朱で・・・?」
真朱「たしか多比・・・」
梔子「そ、そこからは言わないで!」
真朱「また難儀な子だこと・・・」
真由「・・・ま、まあ・・賑やかで・・・いいと思いますよ・・・・・?」
真由は黄色、誕生石と花 トパーズ、バンクシア
真朱は朱色、誕生石と花 サードニクス、彼岸花
梔子は梔子色、誕生石と花 瑪瑙、梔子

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。