真朱「花見行ってきます」

桜、きれいに咲いてるね~」
桜を仰ぎ、真朱はマルメロさん(b40395)と紅葉さん(b36251)と一緒に春の到来を喜ぶ。
「紅葉、何作ってきたの?」
重箱の中身を今かとわくわく。
「私は食後のデザートになりそうなものを・・・」
もぞもぞと二段の重箱を取り出す。
中には春の香り、桜餅。道明寺、芋羊羹に銀鍔。寒天菓子の阿わ雪に春を想わせる色とりどりの上生菓子。
「後で一緒に召し上がって下さいね」
そう微笑み一礼し、紅葉の作って頂いたたまご焼きをおいしそうにいただく。
マルメロさんのお茶を頂きつつ二つの約束を結ぶ。
料理と「私で良ければ」
そして「はい、また一緒にこの景色を。また三人で見ましょう」
そう言って春を楽しむのであった。

って感じにプレイング。
いや~、文字数決まってると難しいにゃ~
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

真木真由と朱いのと梔子の花

Author:真木真由と朱いのと梔子の花
梔子「初めまして先代!梔子といいます!」
真由「・・・え、真木って真朱で・・・?」
真朱「たしか多比・・・」
梔子「そ、そこからは言わないで!」
真朱「また難儀な子だこと・・・」
真由「・・・ま、まあ・・賑やかで・・・いいと思いますよ・・・・・?」
真由は黄色、誕生石と花 トパーズ、バンクシア
真朱は朱色、誕生石と花 サードニクス、彼岸花
梔子は梔子色、誕生石と花 瑪瑙、梔子

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード